スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
初体験、四川麻雀
2006年12月30日 (土)
今日は、授業の後、四川外国語学院の2人が遊びに来たので、卓球、ボーリング、麻雀、ご飯、という流れに。

というわけで、四川麻雀、初体験でございます。
ルールとか日本の麻雀と違います。全く別のゲームと考えた方がいいみたい。

簡単なルールの説明を。
字牌を抜きます。リーチなし。3人あがるまで続きます。ポンはできるけど、チーはできない。2色だけで手牌を作ります。3色集めるとチョンボ。
役は、トイトイ、カン(または同じ牌を4枚)が2点。チンイツ、チートイが4点。そのほかは1点。ロンだとフった人が点数を払う。ツモあがりだと残っている人から(2番目にあがった場合残りの2人から)それぞれその点数をもらえます。
「符を集める麻雀」って感じです。
点棒はなく、最初に配られた10枚のトランプで点数のやり取りをします。
例えば、カンを1つしてチンイツの場合2+4=6点だけど、ロンあがりは6点、ツモるとそれぞれから6点なので、最初にあがれば、6点×3=18点もらえます。
ワンズ&ソウズを集めて、カンは無くポンを適当にしてトイトイでない場合は1点です。もちろん1番最初にツモれば1点×3人=3点です。
最後まで複数人あがれなかった場合は、テンパイしてない人がテンパイしてる人に1点。

以上が、今日やった成都麻雀(たぶん)。
1人の出身地の瀘州麻雀も少しやりましたが、ちょっとルールが違ってたので、おそらく地方によってちょっとずつルールが違うのでしょう。

どんな感じになったかというと、おいらの場合、まずあまりあがれなくフリまくって、あっという間に手持ちの10枚がなくなって借金生活に。最後まであがれないと、何人にも点数を配ることになるのであっという間です。ところが、チンイツ・トイトイ・カン(4+2+2点)をツモって24点ゲット、あっという間に貸し金陣営へ。

感想、傾向と対策。
ある程度、スピード命。1番最初に1点の役でもあがっちゃえば点数が減ることをありません。1人目にフっても、トイトイでもツモればプラスにはなります。
日本の麻雀とはまったく別のゲーム。
個人的には相手にフらないことを中心に考える日本の麻雀の方がおもしろいと思います。残り2人の場面になると、要らない物は捨てる、という掴み合いになっちゃうので、やっていてもうれしくないですよ。
まぁ、このゲームも楽しかったですよ。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。