スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
朝日と元陽棚田
2007年02月21日 (水)
(昨日の宿:元陽・政府招待所)
今日は日の出を見に行くので、朝5時起床。
昨日の夜の話ですが、宿のフロントの人に日の出の見に行き方を聞いた時、「あんたたち、何で今日見に行かなかったの」と言われました。当然見に行ったんでしょ位の勢いの反語文(授業で習いたてw)で。今から思えば、昨日見に行くべきでしたね。
ちなみに、朝9時発昆明行きバスのチケットを買ってあります。

というわけで、5時半ごろバスターミナル付近をウロウロ。乗り合いタクシーを捕まえなければなりません。
おいらもSさん(イケブクロ在住)も、どうせ客引きいっぱいいるだろうとたかをくくっていたんですが、運ちゃんたち声かけてきません。
前の日の予約客を待ってるのか定かじゃないですが、声かけても反応なし。6時近くになって、さすがにあせり始めた時、なんとか4人組の空いてる所に乗せてもらえることに。おばちゃんたち、感謝です。

着いたのは、多依樹(Duoyishu)という場所。
昨日行ったバ達(バ:土+覇)棚田のさらに奥。朝日と棚田が見られるポイントです。ちなみに、すごい車の数で、渋滞渋滞、というか車が車線とか道とか全く関係なく停まってます。来た時には、もう、9時には帰れないな、と思いました。
昨日の夕日と同様に、何時に日の出なのかわからないので、じっと今か今かと待つのみ。時間が少し経って分かったことですが、今日は快晴というわけでなく、ちょっと霞がかってるよう。
周りの中国人「今天不好看(今日はよくないね)」と繰り返してました。ちょっと残念。昨日来ればよかったのかな。

07022102


07022101

↑朝日と棚田。デジカメでなかなかうまく取れません。

結局何時何分に日の出ってよく分からなかったんですが、写真をうまく撮るのに苦労しながらも、朝日&棚田を堪能できました。
昨日の日の入りと同様に、太陽って上がってしまうとあっという間に上がっちゃうんですね。

で、そろそろ帰らないといけない時間なんですが、渋滞。というか、道=駐車場、のようで、車は一向に動きません。さすが中国、斜線も駐車場もなく、端に退けようという意思もなく、二重停車三重停車が当たり前。
そんなわけで、出発できたのは8時半。バスは9時発なので、この時点でアウトですね。どうやっても30分では戻れませんから。
帰り道、一緒の車に乗っていた中国人4人のリクエストで、棚田のビューポイントで停まって写真を撮りまくっていたので、新街に戻ってきたのは10時10分。
昨日買っておいた昆明行きチケット71元(約1100円)、念のために払い戻しできるか確かめてみたんですが、やっぱりダメでした。
朝ご飯を食べて、荷物をまとめて、チェックアウトして、出発。
今日は、春節の帰省ラッシュの帰る日のようで、すごい人。昆明行きのバスは3時発らしいのでその前に個旧まで行くことに。
南沙行きのバスの中で、横に座っていた子供が足元に吐くというおまけがつき(ギリギリせーフw)、南沙でSさん(イケブクロ在住)と分かれて、個旧に到着。
2時くらいに個旧に到着して、すぐ昆明行きのチケットを買いに行ったんですが、この時点ですでに今日の分、すべて売り切れ。
さすが、春節。バスチケットがなく、動けません。いつかはこういう事態が起こるんじゃないかなと思ってましたが、ねぇ~、やっぱり辛かったです。
仕方ないので、明日朝6時半発の(60元)を買って、個旧で1泊してすることに。朝早いので、バスターミナル前の站前招待所に決定。
その後、中山路付近や金湖公園を散歩。といっても、そんなに見るべきポイントはなさそう。夕方には戻ってきて、ご飯食べて、ネットカフェ行って、9時くらいには寝ました。

Sさんへ。3日間一緒に旅行できてうれしかったですし、楽しかったです。とても感謝しています。助かりました。またどこかでご一緒できたらと思ってます。謝謝。


今日の宿代:個旧・站前招待所1人30元(約450円)
今日の交通費:元陽→個旧35元(約530円)+乗れなかった昆明行71元(約1100円)
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
元陽棚田満喫の1日
2007年02月20日 (火)
(昨日の宿:元陽・政府招待所)
昨日の夕方、Sさん(イケブクロ在住)と合流して、今日から3日間は3人での観光です。
で、まず、元陽の簡単な説明を。
元陽も少数民族の街で、ハニ族が作り上げた棚田(梯田)がとても有名。カメラ愛好家(マニア)が「1度は行ってみたい」と言って、中国全土から集まってくるようです。
この時期は春節(中国の旧正月)の長期休暇の時期なので、カメラ&三脚を持ったそれらしい方々がたくさん来てました。もちろん日本人ツアー客もいました。
「田んぼは所詮、田んぼ」「田んぼなんて見たくない」というご意見も理解できないわけではないですが、自分の目で見てみたかったところなので今回来ました。

そういうわけで、元陽観光初日、朝7時半起床。
後ほど分かることなんですが、この7時半起床(要するに日の出を見に行かなかった)というのが、後々の悲劇の発端なんでしょうね。
朝ごはんはSさんと2人で豆腐の網焼き(焼kao)。

070212001


070212002


070212003

↑朝から、雲海の絶景でした。

9時に、見どころの1つ猛品(Mengpin)に向かって出発。
1時間も経たないうちに到着。
降りてすぐ、棚田の絶景でした。
しかも、周りに寄ってくる子供たち(少数民族の衣装を着てます)がかわいい。といっても、「私たちをガイドに雇ってぇ~」と言ってくるわけですが。ガイドなんて雇う気は全く無く、とてもかわいいんですが、相手をするのが面倒。

070212004

↑猛品の棚田。展望台から見ると高低差がすごく、広大な棚田を一望できました。天気もよかったですしね。ただ、猛品の展望台からだと、棚田自体が遠いので迫力には欠けますが。

070212005

↑ただこんな感じで、どこに行っても金儲けしか考えてない方々がいるのが、残念。ガイドの申し出ならまだ分かりますが、「お金ちょうだい」としかいわない子供がいたりと、ちょっと悲しくなっちゃいます。観光地化されちゃうと、こういう弊害も出てくるんですね。

展望台周辺を満喫した後、新街へ戻るのもなんなんで、猛品から向こう側に見える街まで歩いてみることに。
その途中の道からは、棚田を近くから見ることができるので、棚田をそばで見られない猛品の後に行ってよかったと思います。

070212006

↑近くから見るとこんな感じ。

とりあえず、街でかなり遅いご飯を食べて(食べ損ないそうになったけど)乗り合いタクシーで、夕日展望スポットらしいバ達(バ:土+覇)棚田へ。といっても、途中の分岐点で途中下車して、三輪バイクタクシーに乗るんですけどね。
前々日の盲人按摩のおかげで腰が痛かったので、できたら三輪バイクタクシーには乗りたくなかったんですが、同行者さんの希望だったので乗りました。予想通り、腰激痛。体を支えるのに一苦労。道が舗装されてないことくらい分かってたんですが。
ところどころ写真ポイントで降りながら、我慢すること、30分(?)。バ達(バ:土+覇)棚田の展望台に到着。
正確な日の入りの時間は分からないけど、まだ1時間半くらいは余裕がありそう。その辺を散策したかったんですが、同行者さんの希望で、タクシーの途中で見えた茶館へ行くことに。確かに、途中にお茶の葉っぱも見えたけど、営業してるんでしょうか?この時期こんな所で名産と聞いたことないお茶が売ってるんでしょうか?と疑問に思いつつも早足で歩くこと、1時間弱。当然お茶売ってなく、日の入りの時間も迫ってきてそうなので、早足で戻ることに。結局2時間弱の散歩、途中の景色はよかったですが、疲れただけのような気もするし無駄足だったような気もします。

ここバ達(バ:土+覇)棚田は、棚田の向こうに沈む夕日が見える絶景ポイントとして有名で、中国人カメラ愛好家(アマチュア。オタクのような気もしますが)も大勢いたし、ところどころ日本語も聞こえてきました。ツアーみたいでした。
日が沈むのを、まだかまだかと待ちながら、「こんなにわくわくするの久ぶりだ~」「山に行きたくなってきた」とか考えてました。確かに、日が沈むのって意外とゆっくりなんですよね。

070212007

↑日が落ちてくると、太陽の光が棚田にきらきら映ってました。

070212008

↑日の入り直前。お待ちかねです。

07022104

↑ちなみに、昼間見ると、こんな感じのところです。

日の入りを堪能した後、街に戻るんですが、バス・タクシーを探すのちょっと手間取って、なんとか街に帰還。
晩ご飯は、ハニ族の料理。やっぱりこういうところに来たら、こういう食事、積極的に食べないともったいないですから。といっても、基本的には中華料理ですが。
この時、明日朝9時発の昆明行きバスのチケットを買いました。
明日は日の出を見るために5時起きなので、ちょっと早めに就寝。


今日の宿:元陽・政府招待所(山城大酒店)1人13元(約200円)
今日の交通費:長距離移動なし
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
「春運」の中、なんとか元陽へ
2007年02月19日 (月)
朝7時半、近々合流の予定のSさん(イケブクロ在住、バックパッカー)からの電話で起きました。「夜行で昆明に着いたけど、元陽行きのバス、今日ないみたい」とのこと。
昨日2月18日が春節なので、今日もバスがない所があるようです。
こっちは、今日中に元陽(Yuanyang)に行ける?、と聞かれたので、早速バスターミナルへ。昨日と違って、ターミナル自体は開いてました。
元陽行きはない、昆明行きは10時半、個旧(Gejiu)という街行きのバスに乗っていけば近くまでいけるよ。ということなので、それに決定。何とか今日中には、元陽に行けそうです。

で、今、8時15分。個旧行きのバス、8時半発。
あと15分しかないんですが、、、とりあえず運転手を捕まえて、5分くらい待ってくれ、と泣きついておいて、すぐホテル戻って、荷物まとめてチェックアウト、バスターミナルにダッシュ。

何とか間に合って、8時40分くらいに出発。35元(約510円)。
で、道の方なんですが、河口に来る時と同じような悪路。舗装されてるか分からないような道が3分の2くらいでした。
そんなんで、個旧についたのは昼過ぎ13時半ごろ。
個旧のバスターミナルも、偉いことになってました。すごい人&人&人。
春節前後の帰省ラッシュは「春運」とよばれて、すごすぎるんですが、あらためて中国人民パワーを感じちゃいました。何日か前に実感したばかりですがね。
ちなみに、「春運」、何億人動くんでしょうか。(中国全人口13億人?)

で、2時半に元陽行きバス出発。35元(約510円)。
1時間くらいで、元陽・南沙(Nansha)に到着。とりあえず、ご飯。
元陽という街は、棚田で有名なんですが、南沙という所と、南沙から1時間山道をあがった新街(Xinjia)という所に分かれてます。棚田観光の宿は南沙でなく、新街の方。
南沙に到着したわけですが、Sさん(イケブクロ在住バックパッカー)と合流してから新街に行くことにしました。先に2人だけ行っても仕方ないので。
Sさんの方も、昆明から建水を経由して元陽に来るので、時間がかかって、6時に南沙バスターミナルで合流して、話に盛り上がりながら、一路新街へ。何とか終バス(?)らしきものに間に合いました。15元(約230円)。
7時半ごろ、何とか、今日の宿・政府招待所(山城大酒店)に到着。4人部屋に3人で入って、1人13元(約200円)。お久しぶりの安宿(安すぎる宿かw)のような気がします。
で、ご飯を食べるような所がなかなか見つからなくて、結局、屋台の麺を。明日から何日、3人での行動になり、盛り上がれそうです。


今日の宿代:元陽・政府招待所(山城大酒店)1人13元(約200円)
今日の交通費:河口→個旧→元陽(南沙)→元陽(新街)合計85元(約1300円)
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
春節に河口とベトナム・ラオカイ散策
2007年02月18日 (日)
(昨日の宿:河口・河口国際公寓)
今日は2月18日、春節(旧正月)です。
中国人にとっての正月で、朝から(午前0時から)爆竹とか花火とかで賑わってます。「うるさい、寝かせてくれ」といっても、今日ばかりは仕方ないかと、諦めるしかありません。
まぁ、大都市に比べたら、まだ静かかもしれませんし。

07021801

↑泊まっていた河口国際公寓の入り口近くにあった爆竹。上の方からぶら下がってる「赤いモノ」がそうです。

8時半に起きて、朝ごはん。開いてる店を探すのに苦労するかと思ったら、昨日(大晦日みたいな日)と比べて、比較的開いてました。
9時に、ベトナムに向けて出発。対岸の街ラオカイ(中国名:老街)です。
出国手続きして、橋を渡って、入国手続きするだけなので、10分もあれば、ベトナムに行けます。
「好久不見了、東南亜」久しぶりの東南アジアです。
何年ぶりかなと思ったら、4日前(2月14日)にラオスに行ってたんですね。ここラオカイもそうですが、簡単に隣の国に行けて、簡単にご飯とか食べられるから、東南アジアに行ったって、なかなか実感わきません。

07021802

↑ベトナム側から撮った写真。真ん中に橋があって、こっち側にベトナムの門。向こう側(左下)に見えるのが中国の出入国関係の建物。

というわけで、ベトナムに到着。
国境手続きする建物から、市場とかバスターミナルのある所まで、歩いてみることに。
といっても簡単、10分くらい。まっすぐ道なりに歩いて、橋を渡るだけです。

07021803

↑さすがベトナム、旧フランス領だけあって、きれいな教会がありました。ちょうど日曜の午前中だったので、ミサが行われてました。

ちょっと散歩して、店らしい店もやってないので(時差マイナス1時間でベトナムはまだ朝9時前後)、橋のたもとのジュース屋さんで、さとうきびジュースを飲んで、帰国。もっと先の町サパあたりまで行ってみたかったんですが、時間にあまり余裕がないのと2人旅だったこともあって、仕方なく、、、帰国です。本当は、フォー(ベトナム米線、お米の麺)くらい食べたかったんですが。
あと、今日が春節でやってくる中国人が少ないのか、ベトナム側も日本の正月みたいな感じでした。

で、2人だったので昼ごはんを食べる場所を探し損ねて、昼ごはんは中国に戻って食べました。
その後、次の街に行ってもいいかなと思ったので、バスターミナルへ。
でも、さすが春節。バスがないです。
明日2月19日の便も、明日になってみないとチケットはない(明日バスが来るか分からない)とのこと。というわけで、明日にすら移動できるかわからず、今日はのんびりするしかないです。
ネットカフェ行ったり、テレビ見たり、散歩したり、、、。

夜、Sさん(イケブクロ在住)から電話があって、同じく雲南にいるとのこと。近いうちに元陽(Yuanyang)あたりで合流することになりました。個人的には、棚田の街・元陽にはぜひ行ってみたかったので、うれしかったです。


今日の宿代:河口・河口国際公寓1人30元(約450円)
今日の交通費:長距離移動なし



【マクロミル】男性アンケートモニタ募集!

市場調査に参加しませんか?登録するとアンケート依頼メールが配信されますので、都合のいいときにWEBで回答するだけ!ただいま、男性モニタ募集中です。

新規登録すると、人気のデジカメや商品券が当たるキャンペーン実施中!!

FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
明日は春節だけど、明日はベトナム?(速報)
2007年02月17日 (土)
2月17日、太陰暦では今年最後の日です。
明日2月18日が春節、イコール正月ということです。
で、中国では西暦の元日よりも、春節が大事なのです。田舎に帰って、家族みんなで過ごすようです。

で、今日、ベトナムとの国境の町、河口(Hekou)に来ました。
夕方に町に着いたんですが、晩御飯を食べられそうな店もほぼシャッターが閉まっていて、町中静かです。が、あちこちで爆竹が鳴らされていて町中うるさいです。
この春節の時期に中国を旅行するのは初めてなので、こういう状況も初めてお目にかかります。
それにしても爆竹、うるさすぎますね。魔除け&厄除けとかのために爆竹鳴らすんでしたっけ?確かそうなので、静かに正月を迎えるということは中国人にとってありえないこと、なのでしょう。

今夜静かに寝たいです、、、

というわけで、明日は、ベトナムに行ってご飯食べて、中国&ベトナムの春節を楽しんできます。

写真のアップとかは後ほど。
FC2 Blog Ranking ← 押していただけると、励みになります。成都のお茶市場から何か届くかもしれません。
人気blogランキングへ ← ポチッとね。臨汾から石炭届くかもしれません。
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ← おいら、あんまり学んでないかもしれませんが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。